PR

2014年05月04日

失恋ショコラティエ 最終回 恋をするということ

唐突ですが今日は、恋をする状況ってどういうときなのか?すべてを語れるわけではありませんが、一部を考えてみたいと思います。


爽太の場合、

「紗絵子さんは、どんなチョコレートを作ったら喜んでくれるだろうか?
そう考えるだけで、新たなイメージが次から次へ溢れ出てきて、いつもそれに追いつこうと必死だった。」

そう言っています。


だれかのことを思うとき、私は

 ●なにをしたら喜んでもらえるかな?

これをひたすら考えます。

ほかの人に比べてどうかな?

ちょっとわざとらしすぎるかな?

お金かけていることがばれないかな?

何かをプレゼントする時は、使ってもらえるかな?売ったりしないよな。。

オリジナリティは出せてるかな?

とか、、最悪なことからそうでないことまで、いろんなことを考えます。


恋をしている状況。って、そういうことを考えて考えて考えて、、夜も眠れないような状況。

会いたいけど我慢して、話したいけど我慢して。

やっと話せたと思ったら、話したいことを忘れたり、順不同になったりして。

作ったメモがグチャグチャになったり、同じこと2回聞いたりしたり・・。

まさに、恋は盲目です。



いやーしかし、恋したいですね〜。

年甲斐もないですが・・。

ca270.JPG


posted by hihi at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: